診療項目

一般歯科

一般歯科

一般歯科とは?

写真

虫歯と歯槽膿漏の治療および歯牙欠損部の補綴(補うこと)を主とした歯科治療のことです。
これは通常どこでも行っているものですが、小児歯科、矯正歯科、口腔外科などの新しい専門的な標榜科が生まれた為、これと区別する意味で「虫歯ができた」「しみる(はしる)」「痛い」「腫れた」などの症状は一般歯科治療を行うという事になります。
(ホワイトニングも含む)

虫歯

写真

 

虫歯(う蝕)は口腔内の細菌が産生する酸によって歯が溶かされる疾患で、細菌による感染症と位置づけられています。虫歯は、歯を失う最大の原因です。
酸を産生する細菌であるストレプトコッカスミュータンス菌の数や酸の原因となる糖の摂取頻度、唾液の緩衝能、再石灰化、歯質の成熟度などが虫歯の発生に影響を与える因子です。

※「産生」とは細胞で物質が合成・生成されること

虫歯は進行度によってC1、C2、C3、C4に分類され、C1は最も軽く、C4は最も重度の虫歯です。
出来るだけ軽い段階で歯科治療を行なうと、治療にかかる時間や費用を軽減することができます。
虫歯の治療には様々な方法がありますが、一般的にはインレー、クラウンなどによる補綴治療、根管治療などが行われます。

口腔

一般的に口腔と呼ばれる場合は口そのものを指しますが、歯列より前方の口腔前庭と、後方の狭義での口腔に区別されることもあります。

C1

C1はエナメル質に限局した虫歯で、象牙質までは進行していない最も軽度の虫歯です。
最近の歯科治療ではC1の虫歯は削らず、予防をしっかりと行うことによってこれ以上虫歯が進行するのを防ぐというのが一般的です。
また、C1では痛みが出ることはほとんどありません。

C2

C2は象牙質まで達した虫歯で、歯髄までは進行していないものです。
象牙質はエナメル質よりも虫歯が進行しやすいため、C2になると虫歯の進行は一段と早くなります。また、歯髄に刺激が伝わることで痛みが出てくることもあります。
C2では多くの場合、コンポジットレジン充填やインレーなどを使った治療が行われます。

C3

C3は歯髄まで達した虫歯で、この段階になると非常に強い痛みが出てくることがあります。
C3になると根管治療が必要となるため、治療にかかる時間や費用が飛躍的に上がります。
また、治療の成功率は大幅に下がります。
根管治療で歯髄を取った場合には歯が脆くなって割れやすくなるのでインレーではなく、クラウンによる補綴治療が行なわれることが多くなります。

C4

C4は虫歯で歯冠部分がほとんどなくなってしまい、歯根しか残っていない状態です。
虫歯がC4まで進行すると、ほとんどの場合抜歯になります。

ストレプトコッカス・ミュータンス

写真

 

ストレプトコッカス・ミュータンスは、いわゆる「虫歯菌」です。
この菌はショ糖を分解して、不溶性グルカン(バイオフィルム)というネバネバした物質を作ります。
不溶性グルカンが作られるとそこに他の細菌が付着・定着し、増殖を始めます。そして、24~48時間のうちに酸を産生して、脱灰が始まります。これが虫歯の発生です。
不溶性グルカンは、酸素や抗菌剤などから細菌を守るバリアとしても働きます。
また、ラクトバチルスという菌も虫歯に関わる細菌で、こちらは虫歯の発生ではなく、進行に大きく関わってきます。

補綴

写真

 

補綴(ほてつ)とは、歯が失われてしまった部分を補綴物(インレー、クラウン、ブリッジ、義歯、インプラントなど)によって補い、見た目と機能を回復することです。

インレー

虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰めるだけで治療を終わることもあります。
ただし、虫歯の大きさや噛み合わせの状態によっては詰め物ではなく、クラウン(被せ物、差し歯)による治療となることもあります。

クラウン

クラウンとは、虫歯の治療をした後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といった呼ばれ方をしています。
比較的大きな虫歯を治療した後や、根っこの治療をした後はこのクラウンを最終的に被せることになりますが、虫歯が小さく噛み合わせ等にも問題がなければ、クラウンではなくインレー(詰め物)による治療となる場合もあります。

ブリッジ

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に両隣りの歯を削って土台にし、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。
その様が橋を架けるのに似ているので、「ブリッジ」と呼ばれています。
ブリッジは保険が利くので安価です。見た目、機能的な回復も良好なため、保険適用内で治療をする場合にはまずブリッジが可能かどうかを考えます。そしてブリッジでの治療が行えない場合には、部分入れ歯にするというのが一般的です。
また、保険外の場合にはブリッジではなく、インプラントが可能となる場合もあります。

部分入れ歯

歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合には、部分入れ歯による治療になります。
保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。
・ 保険の部分入れ歯
・コーヌス・テレスコープ義歯
・スマイルデンチャー
・シリコン義歯
・ホワイトクラスプ
・アタッチメント義歯
また、保険外の場合にはインプラントが可能となる場合もあります。

総入れ歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。
保険治療の場合にはプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。
また、骨の状態によってはインプラントやインプラント義歯などが可能となる場合もあります。