診療項目

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは?

写真

矯正歯科(歯列矯正)とは、ガタガタの歯並びや出っ歯などを、きれいな歯並びにする治療です。
矯正には様々な方法がありますが、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」が最も一般的な矯正法です。
他にも舌側矯正、インプラント矯正など様々な矯正法がありますので、それぞれの内容を知って、あなたに合った矯正法を見つけましょう!

 

矯正治療 担当医師

矯正治療を行うとこんなメリットもあります。

● よりかめる

● 発音障害が改善される

● 調和のとれた顔立ちになる

対症となる症例

 

・ 出っ歯の方
・ 受け口の方
・ 歯並びの悪い方
・ 噛み合わせの悪い方 など

 

※ 上記の不正咬合は、ほとんどの場合通常の矯正の治療で改善できるものですが稀にレベルの大きな(いわゆる骨格性の)不正咬合の場合「骨切り手術」が必要な 場合もございます。その時は診断の上、病院歯科への紹介、もしくは病院歯科との連係で治療することになりますので、御了承くださいませ。

矯正歯科の流れ

初診相談

初診相談の際に、ご質問に答えするとともに治療方法や費用について概略をお話いたします。ご説明したお写真と治療予定書をお渡しいたしますので、内容をよくご検討下さい。

精密検査

写真

噛み合わせや骨格のズレ、骨の中の様子を調べ、現在の状態の分析を行い、その方にあった治療方法や最適な治療の時期を考えていきます。

●写真…口の中の写真、顔の写真を記録することで
 治療後の変化をわかりやすく比較できます。
●歯の型…立体的な模型により上下の顎のズレや
 より詳しいかみ合わせの状態を観察します。
●レントゲン写真…骨格的な問題点や骨の状態を
 調べることで治療の進め方を決めていきます。

診断

患者さんの希望や精密検査の内容をふまえて、不正咬合の状態、治療方法、治療期間、について詳しくご説明いたします。気になることは何でもご質問ください。

矯正治療開始

診断結果に沿って矯正治療を行って参ります。装置の選択につきましては、患者様本人、ご両親様と相談し、できるだけご要望に添うようにいたします。
治療期間は不正咬合の状態や歯の動きにより変わりますが目安として本格矯正開始から約2~3年間程度かかります。(治療の開始時や治療中にブラッシング指導や口腔内のケアをあわせて行います。) 通院の間隔は1~2ヶ月に一度の来院となります。

保定:アフターケアー

通常、矯正装置がはずれた後に、歯並びの安定を計るために保定期間を設けております。
約2年間、年に2~3回程度の来院となります。

終了

写真

きれいな笑顔や歯並びは一生の財産です。矯正治療が終わってもご自分の歯に興味を持って長く自分の歯で物が噛めるよう大事にしてあげて下さい。