診療項目

小児歯科

小児歯科

写真

小児歯科とは子供の虫歯を治すだけでなく、虫歯のない歯を残すためにブラッシング(歯磨き)指導を行ったり、フッ素塗布やレーザー照射を行うことで歯質強化を行って「予防」をします。

 

また、永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを治療の目的としています。

 

みついけ歯科クリニックでは、小児の歯科治療はとても重要と考えます。

将来生える永久歯への大事な掛け橋(顎、知能の発達、正常な咬み合わせ)となるのです。
虫歯にならないための、う蝕予防処置(シーラント)やフッ素塗布などの予防処置を積極的に取り扱っています。

 

また、小児の口腔領域の発育を正しく誘導し、育成することで、健全な永久歯列と咬み合わせを成立させることも大事です。

 

当院では、お子様一人一人に合った恐怖心をいだかせない治療方針をとっており、安心して通院できるよう努力しております。
また、キッズスペースも完備しましたので、お子様同伴でも安心して治療が行えます。

小児歯科の治療の流れ

まず最初に受付で問診表を書いていただきます。

小児歯科の場合は、お子様について色々な質問をさせていただきます。

問診表を書き終えて呼ばれるまで待合室でお待ちいただきます。

写真

みついけ歯科クリニックでは、お子様がリラックスできるキッズコーナーを用意いたしております。

入室はお母様、お父様といっしょでもOK。慣れたらお子様お一人で!!
(3才以上)

お子様にとって最初は恐ろしいのでお母様、お父様と入室されてもOKです。
大半のお子様は、慣れたらお一人で入室できるようになります。ご安心ください。

口腔検査やレントゲン検査、口腔内写真など最初にいろいろな検査を行います。

写真

 

必要な時はお母様、お父様にも入っていただき質問をさせていただきます。

口腔内の状態やこれからの治療について写真やレントゲンを使い説明します。

何でも質問してください。実際にお子様の口の中を写したビジュアルでの説明も可能です。

治療は歯科医師にまかせてください。

写真

 

治療はゆっくりお話しながら行います。
お母様は極力待合室でお待ちください。安心しておまかせください。

会計、帰宅、メンテナンス

写真

やっと治療が終りました。
「今度はいつかなぁ?」お子様も一緒に相談しましょう。
また全ての治療が終りましたら、4~6ヶ月おきの定期検査をお勧めします。定期的に様子をみせてください。

写真

みついけ歯科クリニックの小児歯科
~コミュニケーション 笑顔と元気~

アイコン3 当院にはじめてかかる患者さんの約5割は6歳までの小さなお子さんです。この時期のお子さんの成長・心の発達は著しく前回治療台にすら座れず泣いて叫んだりする子も家族や私達スタッフの励ましで次回には泣かずに何でも出来るようになったりします。
ですのでみついけ歯科クリニックでは抑制器具を使用した過度な治療は致しません。それよりも大事な事はお子さん・お母さん・私達スタッフの信頼関係の構築(コミュニケ-ション)が大切ではないかと思います。

アイコン3

小さな虫歯の治療一つでも、先生の方針によって同じ治療でも抑制主体の治療・治療が出来るようになるまで待って治療・虫歯があっても予防から始めるなどさまざまです。
みついけ歯科クリニックでは先程も述べましたが、コミュニュケ-ションを大切にし過度な治療は致しません。虫歯があってもすぐに治さなければいけない!と思っておりません。その虫歯の大きさや症状とお子さんの成長や心の発達を良く診て治療が出来るまで待つ、と言うよりもその子の持っている勇気と意欲を見守って治療して行きます。そして治療が終わった後の笑顔が大切であると考えています。

 

アイコン3 お口の中の健康とは、虫歯がないことや、かみ合わせがきれいなことだけではありません。むしろこの時期に大切な事はこれから生えてくる6歳臼歯を守るために、正しい食事の取り方やお母さんの仕上げ磨きをする事です。たとえ虫歯ができてしまっても、きちんと治療をしたり、かみ合わせにズレがあったとしても、そのかみ合わせにあった歯みがきをしたりして、お子さんがそれぞれにあったケアを身につけ、美味しく食べたり、元気に話が出来るようになることが大切であると考えています。